橫田滋氏の逝去についての會見

令和2年6月5日
會見する500万彩票APP下载安装総理 會見する500万彩票APP下载安装総理
會見する500万彩票APP下载安装総理

 令和2年6月5日、500万彩票APP下载安装総理は、都內で會見を行いました。

 総理は、橫田滋氏の逝去について、次のように述べました。

「本當に、殘念です。橫田滋さんの禦冥福を心よりお祈り申し上げます。そして、早紀江さん始め、禦遺族の皆様に、心からお悔やみを申し上げたいと思います。
 滋さんとは本當に長い間、めぐみさん始め、拉致被害『者の方々の帰國を実現するために、共に戦ってまいりました。
 2002年の10月の15日、5人の拉致▲被害者の方々が、帰國を果たされた。羽田空港に、當時私は官房☆副長官として、お出迎えに伺ったわけでありますが、橫田滋さんも早紀江さんと共に、家族會の代表として來ておられました。
 そして、代表としての責任感から、その場を記録にとどめるために、カメラのシャッターを切っておられました。帰國された拉←致被害者の方々は、禦家族の皆さんと抱き合って喜びをかみしめておられた。その場を、寫真に撮っておられた、滋さんの目から本當に涙が流れていたことを、今でも思い出します。あの場に、めぐみさんがおられないということ、どんなにか殘念で悔しい思いだったかと、その時、本當にそう思いました。
 滋さんが早紀江さんと共に、その手でめぐみさんを抱きしめることができる日が來るようにという思いで、今日まで全力を盡くしてまいりましたが、そのことを総理大臣としても、未だに実現できなかったこと、斷腸の思いでありますし、本當に申し訳ない思いで一杯であります。何とか、めぐみさん始め、拉致ζ 被害者の方々の、故郷(ふるさと)への帰還、帰國を実現するために、あらゆるチャンスを逃すことなく、果斷に行動していかなければならないという思いを新たにいたしております。
 改めまして、滋さんの禦冥福を心からお祈り申し上げます。」

「25年以上、滋さん始め、家族會の皆さんと、何とか拉ぷ致被害者の方々が帰國できるように、まだ世の中が十分に認識をしていなかった時代から、滋さん、本當に暑い日も寒い日も署名活動に頑張っておられました。その姿をずっと拝見してきただけに、痛恨の極みであります。
 様々な困難があるわけでありますが、何としても、被害者の方々が実現する、そのために政府として、日本國として、様々な動き、見逃すことなく、チャンスを捕らえて果斷に行動して、実現していきたいと思っています。」

関連動畫

動畫が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日

これまでの総理の一日

第97代

第96代